神話的フィクションと神話は異なります:Devdutt Pattanaik

Rupaが発行したDevduttPattanaikの最新作「MyHanumanChalisa」では、高く評価されている著者が現代の読者のためにそれをわかりやすく説明しています。彼のユニークなアプローチは、彼のトレードマークのイラストと組み合わせて、古代の賛美歌にアクセスできるようにします。

Rupaによって出版されたDevduttPattanaikの最新のMyHanuman Chalisaで、非常に高く評価されている著者は、現代の読者のためにそれをわかりやすく説明しています。彼のユニークなアプローチは、彼のトレードマークのイラストと組み合わせて、古代の賛美歌にアクセスできるようにします。 (ファイル)

神話に関するインドの本を考えてみてください。AmishTripathiのTheShivaTrilogyのような多くの人気のあるタイトルが思い浮かびます。しかし、神話に関するインドの第一人者の1人であるデーヴァダッタパタナイクは、神話的フィクションと神話の根本的な違いを示唆しています。



神話的フィクションと神話を区別する必要があります。神話的フィクションは、おなじみの伝統的な物語に根ざしたファンタジーであるため、非常に人気があります。神話自体は、文化の世界観を理解することです—人々は文化の中でどのように考えましたか。



私が知っているほとんどの作家は、神話的フィクションに焦点を当てています。神話学の研究はまだかなり学術的なままである、とPattanaikはインタビューでIANSに語った。



そして、このジャンルの人気と、ベストセラーリストを支配し続けている本のリストを見てみませんか?非常に人気のあるシヴァ三部作、クリシュナキー、マハバラタシークレットなど、そのような本のほとんどは、いくつかの古代の経典に織り込まれた架空の物語です。これらの本は非常に人気がありますが、真実との関連性はしばしば疑わしいものです。

一方、Pattanaik、Bibek Debroy、Arshia Sattarのような作家は、主にノンフィクションのジャンルに分類される彼らの本の中で古代の経典にさらに焦点を当てています。もちろん、彼らの作品には視点や解釈がありますが、これらは架空の説明ではありません。



パタナイクは、インドの現代神話の執筆についての見解と、読者に木と木を見せているかどうかについての意見を共有するよう求められたとき、他の人の執筆を評価していないと述べました。



それぞれ自分自身に。読者は本を選ぶので、森と木を選びます。読者を幼児化させないようにしましょう。最終的に、私たちは何が私たちのために働くかを決定しなければならない、と彼は主張した。

Pattanaikは、My Gita、Business Sutra:A Very Indian Approach to Management、Jaya:Illustrated Retelling of the Mahabharata、99 Thoughts on Ganesha、Shikhandi、およびその他の物語を含む30冊以上の本を出版しています。 。



著者は、インドのフレームワークを使用してインド神話にアプローチしたいと言った。



私は、判断と戦闘に根ざした西洋の枠組みを使用して見られるインド神話にうんざりしています。それが私が目指していることです。それが私を駆り立てるものです。西洋の枠組みは、一神教、または無神論を神話として認めることを拒否しています。西洋の枠組みは、「幸いにもその後」を神話の構造として見ることを拒否しています。西洋のアイデアを神話ではなく合理的なものと見なすように条件付けられているため、正義や平等などのアイデアが現実ではなく神話であることに気づいていません。これは世界の村にとって健康的ではありません。だから私は心を広げようとしています。これがサンスクリット語の「ブラマナ」の意味です。心を広げるために、彼は詳しく説明しました。

Rupaによって出版された彼の最新のMyHanuman Chalisaで、非常に高く評価されている著者は、現代の読者のためにそれをわかりやすく説明しています。彼のユニークなアプローチは、彼のトレードマークのイラストと組み合わせて、古代の賛美歌にアクセスできるようにします。



ポジティブな気持ちでいっぱいになる「ハヌマンチャリサ」が大好きです。しかし、私はその曲を聞いていることに気づきましたが、実際にはその言葉が何を意味するのかわかりません。そして、私が各行を探索し始めたとき、ヴェーダの知恵の世界が私の目の前に広がりました。これが私が読者と共有したかったことです。 400年前に庶民のために作曲されたこの聖典のダルシャンは付け加えた。



彼の神話への関心は子供時代にまでさかのぼりません。実際、それは彼が大学時代に開発した興味であり、医師会を卒業した後の数年間で本当に詳しく説明されました。最初はただの趣味でしたが、時間が経つにつれて、特に彼らのほとんどがお互いを読んでいないように見えたので、彼は自分が読んでいる作家よりも本当に知っていることに気づきました。

それで、彼の執筆プロセスはどのようなものですか?彼が遵守している自主規制はありますか?



私は自分が適切だと思うものを書くだけです。私は自分が書くものを規制しません。私の焦点は、研究をしたり、学術論文を読んだりする時間がない人々にとって、口当たりが良く、アクセスしやすいものを作る方法にあります。私は物事を体系的な順序で、ボックスに、フローチャートに、タイムラインに、箇条書きとベン図を使って配置するのが大好きだと彼は主張しました。